×閉じる
[更新情報をチェック]
このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME  >  恋愛コラム・アドバイス  >  告白された場合の断り方

告白された場合の断り方

告白された場合の断り方

女性であれば、告白されてみたい・・・そう思うのはとても自然なことです。
更に言うなら、自分が好きな人に告白されたいと。
しかし、自分が付き合えないと思った男性から告白された場合はどうすればよいのか。
今回のテーマは「告白された際の断り方」です。

ハッキリと「ごめんなさい」と伝える

断り方ですが、正直言って「ハッキリとごめんなさいと伝える」、、、それが一番だと思います。
とはいえ、せっかく勇気を持って告白してくれたのですから、「気持ちはうれしいけど、付き合うことはできません。ごめんなさい」というように、ハッキリと断るけど、誠意と感謝の意を伝えましょう。
頭ごなしに否定するように断るのは、周りへの評判もありますし、トラブルに巻き込まれる可能性を高めてしまいます。

断る理由を取り繕わない

断った際に理由を聞かれることもあります。
そのような場合、相手を傷つかせまいと適当な理由を取り繕うケースがあります。
例えば「他に好きな人がいる」とか「今、忙しくてそういうの考えられない」など。
大事なのは、その理由ではなく、付き合うか、付き合わないかです。

実はそれは相手のためではなく、自分の保身のためのことが多いですよね。
それ自体は仕方のないことです。
なぜなら周りからの評判や自分自身の評価として「いい女」でありたいという思いを、女性は少なからず持っているものですから。

「男性として、好きになれない」で十分

しかし、そういうふんわりした断り方によっては、相手に「頑張ればいけるのか」という変な期待を持たせてしまうこともあります。
男性にとっては、ハッキリ言われた方がすっきりできるものです。
そのため、「男性としては、好きになれない」と言っておけば十分なのです。
その方がお互いにとって、良い方向に進むことが多いです。

現時点でYesかNoかという話

よく告白されて「じっくり考えたいから」と先延ばしにすることがありますよね。
あれはお互いにとってNGです。

告白した男性は、Yes/Noの狭間で答えをもらえるまで苦しむことになりますし、女性側も時間をかければかけるほど、断るのが難しくなります。
それに迷うくらいなら、あなたにとってそれほど重要な問題じゃないということになります。
そのため、現時点のYes/Noの判断で、さっさと決めてしまうのが良いでしょう。
万が一、断った後でその男性のことが好きになってしまうことがあったなら、その時はこちらからもう一度告白すれば良いのです。

キープはやめておこう

よく聞く「キープ」という扱い。
これは絶対にやめましょう。
男性にとっても失礼だし、あなたに対する周囲の評価は著しく低下します。
場合によっては、思わぬしっぺ返しを食らうことも。

甘いと優しいは違う

今回のコラムはいかがだったでしょうか。
ハッキリ断ることは、一見厳しいことのように思えますが、それが本当の意味での「優しさ」です。
中途半端な回答はただ「甘い」だけです。
しかも、甘いのは自分に対してです。

あなたがどう思っているにせよ、告白してくれた男性は真剣なんです。
それなら、それに対し真剣に返事をするのが、本当に魅力的な女性だと私は信じています。






記事をお読みいただいた方へ

当記事はいかがだったでしょうか?よろしければ、クリックをお願いいたします。
運営のモチベーション向上になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加




▲ページトップへ