×閉じる
[更新情報をチェック]
このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME  >  恋愛コラム・アドバイス  >  恐がり女子・恐がらない女子

恐がり女子・恐がらない女子

流行女子は魅力的?

女性は全般的に恐がりな方が多いですよね。
例えば虫やお化け屋敷。
あのグロテスクな外見や飛んだり、蠢いたりといった不気味な動きは、女性を恐怖に陥れます。

でも、中には意に介さないような女性の方もいらっしゃいますね。
そこで今回のテーマは「恐がり女性・恐がらない女性を男性はどう見るのか」です。


恐がる女性をかわいいと思うのか?

恐がる女性というのをイメージしてみましょう。
「キャッ」とかか細い声を上げて、腕を頭に当てる・・・そんなフェミニンな女の子が浮かぶのではないでしょうか?
そのように恐がる女性を見て、男性はかわいいと思うのか。
・・・残酷な話ですが、かわいいと思うケースは以下の2つでしょう。

・容姿が良い女性の場合
・男性がその女性に対して好意を持っている場合

男性から見ると、容姿が良い女性はよほど奇妙な行動を取らない限り、何かをしてもそれがプラスに働くのです。
また男性は、好意を持っている女性が弱い部分を見せると、「俺が守ってあげたい」と思うようです。
そのため、それ以外の場合はアピール的要素が強すぎると思われる可能性が高いので注意しましょう。


「こわーい」アピールはやめよう

実際問題、本当に恐がっている場合は、ポーズとか声とかを気にしている余裕はないはずですね。
かわいらしくない声を出すか、目が見開いて固まるかといったおよそ女性らしくない行動をとります。
しかし、それでよいのです。

「こわーい」アピールは上記の条件を満たさなければ、プラスに働くことは少ないですが、素の部分を見せることは、男性にとって嬉しい発見となることも多いのです。
そこで仲良くなれるきっかけになったりもいします。
くれぐれも「こわーい」アピールはやめましょう。


恐がらない女性は素敵に映る

一方、そういったものに対して恐がらない女性は、男性からは素敵に映ります。
女性は一般的に虫やお化け屋敷が恐いというイメージを持っている男性にとって、それらに対して全く怯まない女性には大きなギャップを感じます。
女性もそうですが、ギャップのある異性には弱いものです。

また男性は、20代半ば以降になれば、将来的なものを考え始める時期になります。
そこに恐がりでない女性というのは、頼りがいもあるし、非常に好印象です。
大小関わらず、プラスになることはあってもマイナスにはなりません。


恐がらないように振舞う女性も○

また、本当は恐いけど恐くないように振舞う女性も魅力的に映ります。
「こわーい」アピールはダメですが、「こわくない」アピールはグッドです。
弱いだけの女性には、一時的に好きになることはあっても、恒久的な魅力を感じません。
もし恋愛・結婚をするなら「芯のある女性」と・・・そう思っている男性は多いです。


苦手なものに立ち向かう姿勢を

虫やお化け屋敷かなんかで恐がる・恐がらないでそんな大きな話をと思うかもしれませんが、そういう小さなことの積み重ねで人間関係は構築されていきます。
恐がりなのは仕方ないことですが、それを男性にアピールして何とかしてもらおうという心構えは改めた方が良さそうです。






記事をお読みいただいた方へ

当記事はいかがだったでしょうか?よろしければ、クリックをお願いいたします。
運営のモチベーション向上になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加




▲ページトップへ