×閉じる
[更新情報をチェック]
このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME  >  ファッション  >  女子のタイプ別の男ウケファッション提案  >  足が太い・いわゆる下半身デブに悩む女性の男ウケのよいファッションコーデとは?

足が太い・いわゆる下半身デブに悩む女性の男ウケのよいファッションコーデとは?

上半身はスッキリとスリムな体型なのに、それに比べて下半身は足が太くてお尻が大きい・・・いわゆる下半身デブに悩んでいる女性は少なくありません。
そこで、今回はそんな下半身太りに悩む女性にとっての男ウケのよいファッションコーデを考察します。

トップスとボトムスのギャップがポイント

上半身はスリムで下半身が太っている女性の男ウケファッションのポイントは、トップスとボトムスのギャップだと思います。
トップスの細さを生かして、ボトムスではあえてボリュームを活かしたコーデとすることで、スリムな印象を与えつつ、女性らしいかわいらしさを目指しましょう。
全体をなるべく細く見せようとしたり、足の太さやお尻の大きさを隠そうとして、トップスをもっさりさせてしまうと、スラッとした上半身の魅力を薄れさせてしまいます。



トップスにはタイトなラインのものを

トップスの選び方については、体のラインをタイトに見せてくれる服が良いです。
ドルマンスリーブやポンチョのような腕のラインを隠すような服はNGです。
ブラウスや薄手のニット、暖かい季節ならノースリワンピやキャミワンプなども◎。

ボトムスはフレアスカートが◎

一方ボトムスでは、下半身の太さを隠すためと、女性らしさを強調するために、フレアスカートを選びましょう。
ふんわりとボリューム感のあるシルエットは、キュートでかわいらしいですし、上半身を細く見せる効果も期待できて、男ウケがぐっと良くなります。
丈の長さは、膝丈やミモレ丈程度の長めの丈の方が、全体のシルエットがキレイに見えます。

フレアスカートで女性らしさを推したいので、カジュアル系の服装よりもキレイ目のフェミニンコーデがオススメです。
秋冬であれば、ブーツを履くことも、脚のラインを引き締めてみせることが出来るので◎です。

ワンピースでももちろんOK

ウエストがキュッと締まったフレアシルエットであれば、ワンピースもオススメです。
女性といえばワンピースと言っても良いほど、男ウケのよいファッションを考える上では鉄板アイテムです。

下半身デブかも・・・とお悩みの女性に伝えたいこととしては、上半身の太さを隠すことは難しいですが、下半身の太さを隠すならファッション次第である程度は対応が可能です。
上半身のスタイルを活かして、コーデを楽しみましょう♪



下半身が太い女性のおすすめ男ウケアイテム

【Noela / ノエラ】オリジナルかすれ小花スカート

淡いカラーとかすれプリントが清楚さをアピールするスカート♪


Noela (ノエラ)ブランドのスカートです。 淡いカラーに上品なかすれ小花がプリントされたスカートは、清楚な女性をアピールする男ウケのよいモテスカートです。 ふんわり広がるシルエットや品のある膝丈も女性らしさを強め、春にぴったりの花柄スカートです。




【MISCH MASCH / ミッシュマッシュ】リブ装飾ニットプルオーバー

レトロフェミニンな魅力が光るプルオーバー♪


MISCH MASCH (ミッシュマッシュ)ブランドのプルオーバーです。 ストライプ状のジャガードや、ふっくらとしあげたリブのタックなどがクラシカルでレトロなイメージを与えますが、ネックラインにビジューをあしらい、スッキリとしたフェミニンなトップスに仕上げています。




【Apuweiser-riche / アプワイザーリッシェ】モノクロチューリッププリントタックスカート

上品なきれい目女性をアピールするプリントスカート♪


Apuweiser-riche (アプワイザーリッシェ)ブランドのスカートです。 ブラックのチューリップのプリントが遊び心がありながら、シックで上品な大人の女性の雰囲気をアピールします。 ふんわりと広がるシルエットややさしく利かせたタックがフェミニンムードを醸し出し、男ウケが良いスカートです。 丈の長さも膝丈ということで、エレガントかつスタイルをスラッと魅せますし、嬉しいことに日本製で透明感のある生地感も魅力たっぷりです。








記事をお読みいただいた方へ

当記事はいかがだったでしょうか?よろしければ、クリックをお願いいたします。
運営のモチベーション向上になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加


コンテンツ

新着コンテンツ

タイプ別ファッション

オススメのレディースファッションブランド

レディースモテファッション男ウケ100選

男ウケが良いのはどっち?



▲ページトップへ